x64.moe

OpenFaas で function を自作する

March 26, 2020

OpenFaas で function を自作する

OpenFaas で function を実装してデプロイしてみる。 OpenFaas のセットアップについてはこちら

function をビルドする

下記コマンドで function の実装ができる

$ faas-cli new --lang <実装したい言語> <functionの名前>

今回は入力されたドメインの whois 情報を出力する function を Golang で実装してみる。 faas-cli で function を作成すると諸々の設定ファイルや function を実装するためのファイルが生成される。

$ faas-cli new --lang go whois
$ ls
template whois whois.yml

ファイルの中身を確認する

whois.yml ファイルには実装する function に関する設定が書かれている。

provider:
  name: faas
  gateway: http://127.0.0.1:8080
functions:
  whois:
    lang: go
    handler: ./whois
    image: whois:latest

whois/handler.go ファイルには function の処理が書かれている。

package function

import (
	"fmt"
)

// Handle a serverless request
func Handle(req []byte) string {
	return fmt.Sprintf("Hello, Go. You said: %s", string(req))
}

試しにデプロイして動かす。

$ faas-cli build -f ./whois.yml
$ faas-cli deploy -f ./whois.yml
$ curl -X POST -d "test" http://127.0.0.1:8080/function/whois
Hello, Go. You said: test

function を実装する

前述したwhois/handler.goを書き換える事で function を実装できる。 しかし、今回はGoの標準ライブラリだけでなくwhois結果を問い合わせるundiabler/golang-whois も使いたい。 依存関係を解決するために dep を使用する。

$ cd whois
$ dep init
$ dep ensure -add https://github.com/undiabler/golang-whois
$ cd ..

これで vender ディレクトリの下に github.com/undiabler/golang-whois がダウンロードされた。 では次に肝心の function を実装する。 whois/handler.go を下の通りに書き換える。

package function

import (
	"github.com/undiabler/golang-whois"
)

// Handle a serverless request
func Handle(req []byte) string {
	result, err := whois.GetWhois(string(req))
	if err != nil {
		panic(err)
	}

	return result
}

function の中身を描いた上でデプロイしてみる。

$ faas-cli build -f ./whois.yml
$ faas-cli deploy -f ./whois.yml

うまくデプロイされているか確かめるため、試しにexample.comのwhois情報を出力させてみる。

$ curl -X POST -d "example.com" http://127.0.0.1:8080/function/whois

whois の結果が出力されたと思う。

まとめ

OpenFaas で function の実装まで行った。 簡単に function 実装できる OpenFaas すごい。


FAMASoon

Written by FAMASoon. Twitter/GitHub